コラム

髪も日焼けします!UV対策して紫外線をブロック!髪にも日焼け止めをしないと後が怖い・・。

紫外線というと、「しみ」を連想しちゃいません?

 

私は若いころ、日焼けとかUV対策を全く気にしないタイプだったので、

年齢を重ねるとともに「ちゃんと対策しておけばよかった」と思う日が増えています。

 

だけど、紫外線の影響を受けているのは肌だけじゃありませんよ~。

髪や頭皮も紫外線の影響をそれはそれは多く受けているんです。

 

 

紫外線について

どのくらい紫外線が髪や頭皮に影響があるのかを確認する前に、紫外線についての基礎知識。

ご存じの方も多いと思いますが、地上に届く紫外線はUV-AとUV-Bに分けられます。

 

あ、UV-Cもありますが、UV-Cはオゾン層などで吸収され地表には届かないとされているのでここでははぶきますね。

 

UV-AとUV-Bの違いは下記の通り。

 

UV-A

紫外線の95%
シミ、しわの原因となる。
年間を通じて地上に届いている。

 

UV-B

紫外線の5パーセント
皮膚がんや日焼けの原因となる。
年間を通じて地上に届く量に変動あり。
5月~8月がピークといわれている。

 

紫外線のほとんどが、UV-Aなんですね。

そして、UV-Aがシミになる原因で、一年中降り注いでいると・・。

長い時間をかけてじわじわと影響を与えるタイプのようです。

 

一方のUV-B。

こちらは紫外線の5%に過ぎないのですが、皮膚がんの原因になったりするとのことなので、美容だけでなく健康のためにも避けたい紫外線ですね。

 

UV-AもUV-B、どちらも肌に大敵なので、

日焼け止めをぬったり、帽子をかぶったり、日傘をするなどして紫外線を直接浴びないようにすることが大事です。

まあ、よく言われていることですよね。

 

 

特にUV-Aは年間を通じて降り注いでいますから、1年を通してケアが必要です。

また、曇りの日や雨の日も油断大敵。

晴れの日に比べて紫外線が地上に届く量は少ないものの、しっかり地上に届いていますから日ごろから紫外線対策を行なわねば!!

 

頭皮は肌よりも多く紫外線をあびる?

実は頭皮は、肌よりも紫外線を多く浴びているといわれます。

なぜなら、頭皮は身体のなかで1番太陽に近い位置にあるからです!

 

なるほど!

確かに、日差しの強い日に外を歩いていると、頭頂部が熱くなる時あるかも・・。

 

頭頂部が太陽に近いんですから当然といえば当然です。

太陽に近いって言ったって、そんな変わらないでしょ?と思ったあなた。

はい、私もそう思っていました。

 

ところが!

肌の2倍の紫外線を浴びているという説もあるそうで・・。

怖い・・。

 

また、頭皮は髪に覆われて守られているから、頭皮自体に紫外線が届くことは少なさそう。。

と思ってしまいますが、その髪があるからこそ見た目では紫外線の影響を受けているのか受けていないのかわかりにくいのです。

 

また、紫外線の怖いところは「浸透性」があるところ。

紫外線を浴びたからといってすぐにシミができたり細胞を壊したりするわけではありません。

ゆっくりゆっくりと細胞を壊していくのです。

頭皮の細胞が壊れてしまったらどうなるんでしょうか??

 

頭皮への紫外線の影響ってどんなものがあるの?

紫外線は細胞を破壊しまう怖いもの。

頭皮の場合は「毛母細胞」が細胞に該当します。

 

毛母細胞は、髪の毛を作り出す細胞です。

つまり!!

毛母細胞が破壊されてしまうと抜け毛や薄毛につながってしまうそうなんです!

 

また、毛母細胞は髪を黒くする働きもあり、毛母細胞が破壊されてしまうと白髪を引き起すこともあります。

あぁ、抜け毛も白髪も避けたい・・。

 

髪への紫外線の影響はどうなの?

髪の毛って頭皮よりもさらに紫外線をあびています。

 

毛髪の85%はケラチンというたんぱく質からできていて、

ケラチンにはシスチンという物質が含まれているのですが、紫外線はこのシスチンを流出させてしまいます。

 

このシスチンが流出してしまうと大問題!

シスチンが流出した髪はキューティクルがはがれ、枝毛、乾燥、切れ毛、髪の艶もなくなります。

 

紫外線はじわじわと浸透しますから、いつのまにか髪の内部まで紫外線ダメージが進行し髪が空洞化してしまうという結果に。

しかも怖いことに、髪は肌と違って自己回復力が低いんです。

確かに、一度傷んだ髪が自力でよみがえることはあまり聞いたことがありません。

だから、紫外線によってダメージを受けた髪は回復が難しいと思った方が良いです。

 

結局、紫外線を浴びないようにするのが一番

紫外線は、頭皮にも髪にもかなりの影響を及ぼすことがわかってきましたが、

じゃあどうすればいいのか・・となると、とりあえずは予防です。

 

自分の髪を紫外線から守るには、紫外線を浴びないようにするしかありません。

帽子や日傘、日陰を選んで歩く。

日常の生活の上で注意していくのがBESTです。

 

髪に使用できる日焼け止めUVスプレーも売っていますよね。

帽子をかぶることのできない場合は、そういうスプレーを利用して紫外線カットした方がよさそう。

 

特に男性の方!

スーツ通勤の方は帽子も日傘も難しいと思いますから、スプレーなどで防いで薄毛予防しましょう!

 

 

 

まとめ

頭皮や髪と紫外線の関係って気にしたことなかったのですが、

改めて調べててみると、髪も頭皮も紫外線を浴びると日焼けだけじゃなくて、パサつきや痛み、抜け毛や白髪など

それは多くのヘアトラブルにつながると知って、ちょっと怖くなってしまいました。

 

私は面倒くさがりで、帽子や日傘は全くといっていいほど使用してきませんでした。

 

自分の髪のパサつきは髪質のせいだって思ってきましたが

紫外線に対してケアをしてしなかった自分自身のせいもあったのでしょうね・・。

 

これ以上、髪を痛めないように、きちんと日傘を使う、帽子を使う、UVスプレーを使うなどして

紫外線予防しなくては!!

-コラム

Copyright© くせ毛美人 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.